オルカにゃのたわごと

15年の生活のあれこれと今。

2014年の大雪覚えてますか?あの時の出来事と教訓

みなさん覚えていますか?

羽生結弦選手が2014年初めてオリンピック金メダルを手にしたとき、関東が大雪に見舞われとんでもない事態になったことを。

わが家は湯沢からのスキー旅行帰りでした。

高速道路が通行止めになり、渋滞した下道をのろのろ走りながら、カーナビの小さな画面で金メダルを取る瞬間を観ていました。

10年に一度といわれた大雪で、都市機能マヒ。とんでもない事態になりました。

『2014年の大雪覚えてますか?あの時の出来事と教訓』を雪の思い出として書きます。

 

f:id:orca2ya:20190220214522j:plain

スタットレスタイヤ

大前提として、スタットレスタイヤは絶対です。

法改正されて、チェーンをつけないと走れない区域もできました。

スタットレスタイヤを買わないのであれば、乗らない方がいいです。

どうしても車でなければ行けない場所なら、タクシー使いましょう。

スタットレスタイヤを買うよりは安いです。

突然の大雪のとき動けなくなっている車が多数いましたが、どれもノーマルタイヤでした。

渋滞の原因は動けないノーマルタイヤの車両が道路をふさいでいることでした。大勢の人が手を貸し、車を端に寄せていました。

緊急車両も通れなくなるので、雪が降りそうなときのノーマルタイヤの車は走らせないことです。

交通量を考える

除雪車のいる雪国とちがい、雪に慣れていない地域は雪が道路にどんどん積もります。

走行が絶えない道なら大丈夫ですが、交通量の少ない道はみるみるうちに積もっていました。

雪が降ってるときは渋滞するからと、細い道に入ったらダメです。そこで立ち行かなくなってる車がいました。

交通量の多い道を選ぶと、コンビニやガソリンスタンドもあります。

長い渋滞で目処が立たないときは、渋滞していても大通りを使いましょう。

どうにもならない状態にならないよう、どの道を選んで走るかは大事です。

寝袋かわりにスキーウエア

わが家は湯沢からのスキー旅行帰りでしたが、家に着くのがわからないので道の駅で仮眠することにしました。

雪が降り止まないなかで、車を停めるというのは注意が必要でした。

雪が降ってるので、車がどんどん埋まります。

排気ガスの配管を塞がらないように、常に気をつけていました。

できれば、エンジンは止めたほうがいいです。最悪の場合、一酸化炭素中毒になってしまいます。

わが家は不幸中の幸い、スキー旅行帰りだったのでウエアがありました。

全員ウエアを寝袋のかわりにしました。車のエンジン止めても寒さをしのぐことができました。

旦那さんは排ガスの配管が埋まらないように、ときどき外に出て作業していました。ウエアとグローブがあったので、外の作業もなんとか凍えずにすみました。

 毛布とスコップ

休憩してる間も雪は一向に止みそうにありませんでした。

朝になったのでどうにか家に帰ろうと車を動かそうとしましたが、タイヤがすべってしまい進むことができません。

ここまでは冷静に奮闘していた旦那さんも焦っている様子でした。

自分たちなりに工夫はするもののかわらず、困っていると同じ道の駅で休憩していたトラックドライバーの方々が「毛布はないか?あればかまして滑らなくなるから」と教えてくれました。

膝かけに使っていたものをタイヤの下にかませるようにし、やっと脱出できました。

トラックドライバーさんによると、冬は毛布とスコップを車に積んでおくのは常識だそうです。

大雪のときに車が埋まったのを掘るスコップ。滑ってスリップするのを防ぐために毛布があればなんとかなる。と教えてくれました。

 

 

まだまだ書くことはあるんですが、今回はここまで。

続きはまた書きます。

お読みいただきありがとうございます。

今週のお題「雪」