オルカにゃのたわごと

15年の生活のあれこれと今。

子育ての悩み、自分の親との関係。そんな悩みを抱えてる人におすすめのサイト。

子育ての悩みを、深く深く掘り下げていくと、自分の幼少期・思春期の親との関わりに歪みがあることに気づいたりしませんか?

毒親」とまでいかなくても、なにか親との間にモヤッとしたものがあったりしませんか?

そういったことが無い人が本気でうやましいです。

f:id:orca2ya:20190222173943j:plain

特別、親を恨んでるわけでもないんですが、自分の性格も関係して親との関わりにモヤッとしたものがあります。

あることに気づいてしまったんです。

独身のころ。まだ親元にいたときは、考えもしなかったことが、子育てが進むにつれて浮上してきました。

目の前にいる娘の愚痴を聞いたりしながら、自分のときはどうだったか思い出しアドバイスしたりします。

その時に記憶の奥深くにしまってたものも一緒に出てきて、とても辛くなることが多いです。

子どもが産まれて親の大変さに気づき、親に感謝するってよく聞きますが、わたしも同じように思いました。

親に至らないところがあったとしても、それはその時のベストを尽くしているんだと理解してます。

子育ても15年経過して、自分自身も子どもに対してその時のベストを尽くしてるとしか言えないからです。

f:id:orca2ya:20190222174923p:plain

前置きが長くなりましたが、そんなモヤッとした悩みを抱えながらネット検索をしていて出合いました。

千葉県で相談室を開いているぴっかりさんのサイトは、『子育ての悩み、自分の親との関係。そんな悩みを抱えてる人におすすめのサイト』です。

ぴっかりさんの子育て相談室

こちらのサイトの中のコラム一気に読みました。とても救われました。

ぴっかりさんは本も出版されているようです。まだ未読なので、購入したいと思います。

読んだらきっと更に気づくことがあるんだろうな。

ぴっかりさんは元小学校教諭だったそうなので、文章もとても読みやすくわかりやすいです。

救われるような思いになったり、子育てのヒントもたくさんあります。読んでみてください。

ブログをはじめたことに特別な理由がなかったのが、自分自身気になっていたんです。

でもブログを書くようになったことで、子育てを中心に深く掘り下げて考えています。

ときに気づいたことに傷ついたりしながら、それでも向き合っています。

本当はひとりの時間がたっぷりある時期にしてることなんでしょうけど、結婚出産が早くて自分に向き合う時間がありませんでした。

だから今こうして、ブログを書きながら自分と向き合っているのかなと思えてきました。

こんな自分自身に向けて書いてるようなブログを、いつも読んでくださる方々に感謝いたします。

お読みいただき、ありがとうございました。 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村