オルカにゃのおママごと

22歳で結婚してパルシステムも同時スタート。15年の生活のあれこれと今。

凹んだことは、自分のクセ。ブログをやってたから気づいたこと。

どうも、こんにちは。オルカにゃです。

体調が悪かった日に、運悪くお仕事でした。

電話するタイミングが遅くなり、電話越しに強めに注意を受けて凹みました。

その時、まだ自分が熱っぽいことを自覚してませんでした。

仕事中も、ふわふわしてボーッとしてました。

帰宅後、計ったら微熱でした。

大人って、37℃くらいでシンドくなり、なんとも弱いですね。

子どもは、37℃くらいなら、休めてラッキーって感じで好きなことし始めます。

f:id:orca2ya:20190209210335j:image

身体が弱っていたときに、強めに注意されたのでダメージが大きかったようです。

注意するのは業務の立場上、その人の役目です。よーく解っています。

わたし自身も、ダメだったことは充分理解しています。

頭では理解していても、ダメージが大きく後から後から色んなことを考えてしまいました。

ループする思考から抜け出せず、暗い気分を引きずっていました。

やっとゆっくり、仕事で強めに注意されてダメージが大きいという話を旦那さんにしました。

「あなたがまともになったってことだね。18歳のころバイトに遅れてきたときは、あとで逆ギレしてたんだよ。一般常識がわかるようになって、成長したんだね。」

と返ってきました。

わたしの人生の半分を知ってるんでんです。旦那さんは。

それを言われてしまうと、何も言えない…。

けど、わたしを見ててくれる人が近くにいてくれることが有り難くて、ホッと癒されました。

今回のことを振り返ってみると、わたしはネガティブなことに、どっぷり浸るようなところがあるんだなぁとわかりました。

切り替えがヘタだな。

ブログを書くようになって、過去のことを沢山思い出しています。

過去の出来事を思い出してみても、どん底だったときが何度かあります。

どれも共通して、切り替えがヘタなんです。

失敗は誰にだってあります。

それを反省して、次に活かして前に進めばいいのに、そこに留まることをしています。

今回だってそうです。

自分のクセなんでしょう。

ブログを書いてなかったら、ここまで客観的に照らし合わせることができてないと思います。

ブログをやってて良かったなと思います。

 

 

 

取り留めのないことをツラツラ書きました。

お読みいただき、ありがとうございました。