オルカにゃのたわごと

15年の生活のあれこれと今。

卒業式を前にして感謝の気持ちで涙がとまらない。

今週末の中学の卒業式を前に、アルバムを持って帰ってきました。

この卒業式は絶対泣くだろうなぁって長女と話していたんですが、わたしはもう泣いてます。

f:id:orca2ya:20190312171002p:image

幼稚園・小学校それぞれの卒園・卒業式もその都度、成長を感じて嬉しさからうるっとしてました。

今回は、ちょっと違います。とてつもなく寂しいです。

幼稚園から縁のある子は12年。

小学校から縁のある子は9年。

中学校から縁のある子は3年。

それぞれ長さは違いますが、ここから先長女と同じ高校に通う子はひとりだけです。

ここまで一緒に育ってきた子たちの成長を見届けられるのは最後です。

とても寂しいです。

そして、わたしのような若い母親を受け入れてくれた同級生のお母さん達と、行事のたび会うことがなくなります。

本当に寂しいです。

約束すれば会えますけど、それはまたちょっとちがうんです。

挨拶するだけの関係や会釈するだけの方もいます。

それでも無視せずにいてくれたから、わたしは学校行事に参加できたんだと思います。

次女が中学に入学しますが、次女の学年のお母さん達とは感覚を共有するような感じがありません。

これは1人目2人目のちがい、わたし自身の慣れのせいかもしれません。

とにかく、長女の学年のお母さん達は、わたしより年齢的にも大人だし、なにかと気にかけてくるお姉様たちでした。

親の姿というものを、たくさん学ばせてもらいました。

これを書きながらも、感謝の想いが溢れてきて涙がとまらないです。

卒業式当日、長女より泣いてしまったら、彼女の感動の邪魔をしてしまうので、今思う存分泣いときます。

こんな気持ちになるなんて…思わなかったです。

 

ブログ書くようになって、自分自身とむきあってきました。

気持ちの整理ができてきたから、とても素直に感謝の気持ちで涙が出ます。

当日、お化粧は控えめにしてパンダ目にならないよう気をつけます。

 

 

 

自分の卒業式は、泣いたことないのにな〜。

「この支配からの、卒業」みたいな気分だったから。

 

お読みいただきありがとうございました。