オルカにゃのおママごと

22歳で結婚してパルシステムも同時スタート。15年の生活のあれこれと今。

おすすめ!愛情独占のひとりっこ作戦!

どうも、こんにちは。オルカにゃです。

長女と原宿デートしてきました。この記事『おすすめ!愛情独占のひとりっこ作戦!』はそのときのことを書いてます。

オタクから見ると素人にみえ、素人からするとオタクに見える。くらいのアニメ好きな長女と、原宿にあるツキプロ期間限定ショップに行って来ました。

 

下の子が産まれたとき、まさか本当に赤ちゃん返りするとは思わなかった!

いつもスキあらばまとわりついてくる。イヤとはいわないけど、なんとかならないかな?って思ったことありませんか?

子どもが何人いても、愛情表現は不公平なくしてる。大丈夫と思うけど・・・自信ないかも?

子育ててあるあるですよね。

 そんなお悩みにこの記事『おすすめ!愛情独占のひとりっこ作戦』にヒントがあります。

むずかしいことは何もしません。ぜひお試しください。

f:id:orca2ya:20181231080914j:image

竹下通りは難所

まずツキプロを簡単に説明します。イケメンがいっぱいいる二次元アイドルです。

 *くわしくは、こちらをどうぞ。

ツキノ芸能プロダクション - Wikipedia

世界一有名なストリート。竹下通り入口から見える初体験の混雑に「何これ…」とどん引きです。

 目的地に着くまでの経過

  • 人とクレープの匂いにやられ、気分悪くなりはじめる
  • TVでみたことある、レインボーの綿あめ屋さんは横目でスルー
  • 若い女の子がテンション上がりそうな物への拒否反応・・・

しかし目的地に到着すると

復活&テンションUP!!!

私はアニメに親しんでいる世代なので抵抗感がうすいです。

2次元アイドルも受け入れるの早く、すっかり語り合えるくらいハマっております。イケメン大好き〜♪

f:id:orca2ya:20181231080933j:image

ツキプロショップ到着

外観はけしてオタク色のないテイストです。道行く人がかわいい〜このお店♪と横をすりぬけていきます。

1階はグッツ販売されています。店内に流れている歌を小さい声で口ずさみながら、ご満悦でグッズ選び。

日常使いしやすいデザインが多く、一般的にイメージされそうなものと違います。

そこがいいところでもあり、お財布的な意味で困るところでもあります。

レジのお姉さんがアイテム毎のキャラ名を読み上げお会計します。しかも噛まずに!!すごいですね〜。

2階は美味しい紅茶を販売しています。テイクアウトもあります。

紅茶片手にちょっと座りたいので表参道へ。

原宿もメインストリートからそれると住宅もあり静かです。

娘のように人酔いする方はメインから離れましょう

色づいた木々と街ゆく人々を眺めながらまったり紅茶をすすりながら、

わたし「次どうする?」長女「え~帰る?ほかは興味みないし、人酔いするし歩くの疲れた」

原宿着いてからまだ1時間しかたってませんけど⁉︎

もし彼氏ができたら、彼は大変だなぁと要らぬ心配をし、それならばと神宮参拝を提案。

快諾していただきました。

 

f:id:orca2ya:20181213103148j:plain

明治神宮参拝 

木々に囲まれていて、ここが都会のど真ん中であることを忘れさせます。

こんな立派な神宮が、誰もが気軽に立ち寄れる場所にあるって、改めてすごいことだなぁと思いました。 

※参拝の作法など参照

参拝の作法 - 東京都神社庁

厳格な決まりはないと書かれています。

しかし大鳥居をくぐるとシャンと背筋を伸ばし、粗相のないようにと自然となります。

大鳥居の前では、みなさん写真をとってましたし、真ん中を歩く観光客もいます。

「神様が大勢いる」

「異国の神様いっぱい」

とちょっとふざけたこともいいながら、お散歩のようにご参拝してきました。

私たちを含めてみなさん自由に参拝してます。

神様のおおらかさと懐の深さに改めて感謝いたします。

晦日の夜には、広い参道がたくさんの人で埋まり表参道まで続きます。

若い頃、友人達と行ってみる⁈という軽いノリできて、あまりの人の列に気が遠くなり諦めたのは、いい思い出です。

ひとりっ子作戦

幼稚園では年一回、講演会がありました。そのとき学んだ方法がひとりっこ作戦でした。

ひとりっ子作戦というのは、子どもひとりとママ(もしくはパパ)のふたりだけで出かけます。

短い時間でもOK!場所はスーパーでお散歩でもいいんです。

愛情を独占できることで、子どもはウソのように満たされて安定します。

いつも我慢してしまう、お兄ちゃんお姉ちゃんはとくに有効です。

小さい頃もひとりっこ作戦したことあります。帰宅するころには絵に描いたように満面の笑みでした。

いつも忙しくて、子どもとじっくり過ごすことが出来ていないときほどおすすめです。

 

f:id:orca2ya:20181216112136j:plain

 

今はもう大きくなり、愛情を独り占めしたいと思っていないでしょうけど。

とても充実した1日でした。楽しかった〜♪

 

 お読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村