オルカにゃのおママごと

22歳で結婚してパルシステムも同時スタート。15年の生活のあれこれと今。

引っ越す前にチェックすること。子どもあり家庭の場合。

アパート契約の更新今年だ!

家族が増えて手狭になってきたなぁ。

転勤決まった!など引っ越しを考える人が増える時期かなと思います。

この記事『引っ越す前にチェックすること。子どもあり家庭の場合。』注意してほしいことがあるので書きました。

海の近くに住みたい!それだけで選んでいいのか?ホントにいいのか?

家を買おう!マンション買おう!!としてるときは悩みも深まります。

実際に住んでみないとわからないことは多いです。

だからこそ、こちらの記事『引っ越す前にチェックすること。子どもあり家庭の場合。』を読んで頭のすみに入れておいてほしいです。

どうか、参考になさってください。

 

f:id:orca2ya:20190118124612j:image

後悔のないように

家を買おう!マンション買おう!!としてるときって、実はちょっと興奮してます。

人生の中で1番高い買い物をする。大金を使う。ローンを組む。

日常とはちがきますから,まずは冷静になりましょう。

間取り、日当たり、利便性。保育園はあるのか。学校からの距離はどうなんだろう。考えることはたくさんあります。

  • 全てが希望通りにかなうところに出会えるまで待つのもひとつの手
  • ゆっくりじっくり考えて考えて、考えぬいて決めるのがいい

一生に一度になる可能性が高いですから、後悔のないようにしたいです。

ここに注意

子どもいる家庭が引っ越し先を決めるとき、注意してほしいことがあります。

ズバリ!地域性!!これ一択です。

とくにお子さんが学校にあがる年齢がもうすぐなら、絶対気にしてほしいです。

今では中学受験をする子は珍しくないです。

でも、小学校受験する人はまだ多くない=公立の小学校に通わせること無意識に選んでいます。

『中学受験をする子は珍しくない。』と書きましたが、ほとんどの子はそのまま公立の中学校に通うことにまります。

だから地域性に注意してほしいです。

わたしはお仕事の関係で、いろんな街のスーパーにいきます。スーパーはそこで生活する人のようすがリアルにあらわれます。

ステキな街もあれば、ここに住んでなくてよかった。と思うところもあります。

環境で育つ

子どもが通う学校がどんなようすか気にするのは、入学が近づいてからだと思います。

ぜひ引っ越するときに、いずれ通うことになる小学校周辺のくわしい情報仕入れてください。

  1. どこの幼稚園の子が多いのか
  2. クラスの数・人数
  3. 中学校の学力・評価
  4. どこの小学校と同じになるか
  5. 最寄駅の学習塾の充実

小学校にあがったばかりの頃はお友だちと仲良くできるか。生活面が気になります。

それも大切です。1と2の情報が役立ちます。

学力のことは、小学校高学年から気になりだします。3〜5の情報が役立ちます。

  • 勉強を当たり前にする子が多い環境だと、やらざる終えない空気にそまります。
  • 勉強をしても、しなくてもいい環境だと、ラクなほうに流されます。

個人の問題もありますが、子どもは周りの環境や友だちに影響されます

だから、わざわざ受験して学校を選ぶ親たちがいるんです。

f:id:orca2ya:20190118151017j:plain

真ん中だからこそ

わが家も今の住まいに引っ越して12年たちます。旦那さんの地元です。実家にとても近いです。

旦那さんは自分の通った小学校は選びませんでした。それより昔から評判いい小学校に子ども達を通わせることを選びました。

*学区のさかえで越境できるため選べました。

娘たちがとくべつ成績がいいわけじゃなく、真ん中にいるからこそ、まわりの友だち学校の環境が大事だなととても思います。

それは勉強にかぎったことだけではありません。

 引越しのときは、余裕があれば方位方角も占ってもらうのもおすすめですよ。

 『悩みごとや新しいことのヒントにおすすめの占い5つ紹介』の記事で占いについてかいてます。

よかったら活用してみてください。

www.orca2ya.net

  

 

親が選んであげれるものは、選ぶ。

選べることは、少ないけど。

 

お読みいただきありがとうございました。