オルカにゃのおママごと

22歳で結婚してパルシステムも同時スタート。15年の生活のあれこれと今。

心の鬼を退治するのは、簡単じゃない。正体をあばけ!

今年は厄年などが家族にいません。やっと厄年が明けてホッとしています。

この『心の鬼を退治するのは、簡単じゃない。正体をあばけ!』では、子育て中のいちばん辛かった時期を脱した時の話も書いています。

今週のお題「わたしの節分」ということで、おもしろいものも見つけたので、みなさんも何色が当てはまるか考えてみてください。

鬼を退治するには、まず相手の正体をあばけ!です。

鬼は〜どこ?鬼は〜なんだ?

f:id:orca2ya:20190203185453j:plain

 緑鬼

今週のお題「わたしの節分」ということで、なんとなくネット検索していたら、こちらにたどり着きました。

「鬼は外~!福は内~!」── あなたの“心の鬼”は何色ですか?(tenki.jpサプリ 2019年02月02日) - 日本気象協会 tenki.jp

おもしろいなと思ったので、考えてみました。

*心の鬼は何色ですか?(抜粋)

鬼といえば、「赤鬼」「青鬼」が有名ですが、実は色分けされた「5つの鬼」があります。
仏教の教えで、修行を邪魔する5つの煩悩を「五蓋(ごがい)」と呼び、5つの煩悩が「5つの鬼」に例えて色分けされていました。

(「蓋」はおおうの意の 仏教語)


・貪欲蓋 渇望・欲望 ── 赤鬼
・瞋恚蓋(しんいがい) 怒り・憎しみ ──青鬼
・眠蓋(こんみんがい) 倦怠・眠気 ── 緑鬼
・掉悔蓋(じょうげがい) 心の浮動・心が落ち着かないこと・後悔 ── 黄鬼
・疑蓋  疑いの心・愚痴 ── 黒鬼

どれが当てはまるかな〜と見ていて、緑鬼がいちばん居座り続けている鬼だなぁと思いました。

そしてなんと、今日来ている洋服のアクセントカラーが緑でした!

f:id:orca2ya:20190203172245j:image

一応写真です。黒いツキウサがチラッと覗いてます。

*ツキウサは、ツキウタ。 - Wikipediaの魔王様がつくったマスコットキャラクターです。

 ツキウタについては、『おすすめ!愛情独占のひとりっこ作戦!』で少し触れています。

ツキウタのことは置いといても、ひとりっこ作戦はおすすめです。読んでみてください。

www.orca2ya.net

 どの色の鬼も自分の中にはいると思いますが、特にいま強く気になったのが緑でした。

そんな時に緑色を着ているっていう偶然をどう解釈すればいいか・・宿題ですね。

心の鬼

いまは娘たちと仲良く楽しくやっていますが、子育てがいちばん辛かった時期があります。

長女が幼稚園の頃のことです。

どうにも怒りが抑えられなくなることが、繰り返しおこりました。

後から分かったことですが、生理前症候群の影響で感情のコントロール不能になっていました。

  • いつもは何とも思わないことに、どうにもならないくらい怒る
  • 落ち着くとすごく後悔して泣く
  • それを定期的に繰り返す

その度、旦那さんになだめられ、「大丈夫。変わらるよ」と言われてきました。

絶対もうしない。と思っていたのに、最悪なことに、とてつもなくキレてしまいました。

その時のことはよく覚えています。逆に子どもは覚えていないといいます。

それは、記憶から消したいほどのことなんです。

正体をあばく

どうにもならない感情を全て吐き出します。

もうしない。絶対しない。こんな鬼はみたいなの嫌だ。子どもが可哀想など。

思ってることすべてさらけ出し、旦那さんに聞いてもらいました。

その時から、何故こうなってしまうのかを調べました。

そうしたら、生理前症候群が当てはまるとわかりました。

繰り返し同じようなタイミングというのが、ポイントでした。

そうと分かってからは、生理前イライラしはじめたら何もしないことを、自分に許しました。

  • ご飯の支度をしない
  • 洗濯や掃除もしない
  • やりたくないことはしない

もちろん、旦那さんにも協力してもらいました。

そうすると、別の罪悪感はあるものの、子どもに怒りが向かわなくなりました。

f:id:orca2ya:20190203190209p:plain

鬼が交代した?

あの頃は、青鬼と黄鬼が両方混在していたような感じでした。

生理前症候群と、原因がわかり対処するようになってからはコントロールできるようになりました。

やっと青鬼と黄鬼の勢力は弱まりました。

それから約10年後の今は、緑鬼が勢力拡大中です。

自分の理想を叶えるには、この緑鬼の勢力も弱くしないといけません。

でも、まあいいか。と思ってしまうあたり、緑鬼の思うツボですね。

心に棲む鬼は、宿主の弱いとこをついてくるのが大得意なんでしょうね。

 まとめ

青鬼と黄鬼が強かった時期は、子どももわたしも旦那さんも本当に辛かったです。

退治できたかどうかは、わかりませんが、今は勢力かなり弱いのは確かです。

その証拠に、娘ふたりとは仲良くやっています。怒鳴ったりすることは、もう何年もありません。

『心の鬼を退治するのは、簡単じゃない。正体をあばけ!』と本当に思います。

退治できないまでも、勢力を弱らせることはできます。

自分の心の鬼も、外にいる鬼も対処するには正体を知らなければ対策できません。

まずは正体をあばけ!です。

 

 

 

緑鬼の勢力を弱らせるには、どうしたものか・・・。

宿題ですね。

 

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

今週のお題「わたしの節分」

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村